事故現場での注意点

 

 

現代は交通戦争の真っ只中にあります。

 

相変わらず事故は多く、日常茶はんじのごとく、毎日繰り返されています。

 

あなたは決して門外漢ではありません。

 

もし万が一事故にあったらどうするのか、

 

この交通戦争を有利に生き抜くためには最低限の対応策、知識を持っておかね

 

ばなりません。

 

不運にも、ある日突然事故に逢ってしまった。事故の直後は頭が真っ白でしょう。

 

冷静さを失っているかもしれません。

 

ここで対応策が頭に叩き込まれている人とそうでない人では、

 

その後の処置の難易度が極端に違ってきます。

 

しっかり注意点を頭に入れておきましょう。

 

交通事故にあったらまずは救護措置です。

 

自分が動ける状態であれば何より優先する事項です。

 

そして次は警察への連絡です。警察は事故現場に到着すると、

 

すぐに交通整理と事故状況の捜査を始めます。

 

警察への連絡は必須事項です。

 

届け出しないと保険金が受け取りできません。

 

そして次は保険会社への連絡です。自動車の任意保険に入っている場合は取り

 

扱いの代理店に連絡しましょう。

 

この3つの対応は大事なことですから忘れないように。

 

現場では事故状況を警察にはっきり説明しましょう。

 

相手の非がある場合は主張すべき点ははっきり伝えましょう。

 

ここで注意点は相手との交渉は保険会社にまかせましょう。

 

事故後すぐには慰謝料などの話はしてはいけません。

 

 

こうしたことを知識としてしっかり持っておくことが、事故防衛にもなります。

gf0640065860lgf0640065860l