相手の確認

 

単独事故の場合は責任は自分にだけあるのですから、

 

あとからいくらでも検証することができます。

 

しかし、単独ではない場合での事故はそうはいきません。

 

あとから確認しようにも簡単にはいきません。

 

 

普通はそのために警察がいます。

 

ですから、警察は現場検証として事故の起こったときの様子とともに双方の氏名

 

や連絡先などを聞き取ります。

 

大体のことは警察の現場検証で情報は集まることになります。

 
しかし、ときには相手側がなにかしらのトラブルを抱えており、事故後すぐにいなく

 

なることがあります。

 

もし、いなくなってしまってはそのあとはどうすることもできません。

 

ですから、事故を起こして警察が車での間にしなければいけないことがあります。

 

それは、双方が連絡先を伝え合うことです。

 
そのときに注意が必要なのは教えられた情報の信憑性です。

 

いくらでも嘘の名前や住所を告げることは可能性です。

 

中には、名刺を渡す人がいますが、名刺などいくらでも嘘の内容で作ることができ

 

ます。そうした被害に遭わないために真っ先にやることは登録番号を控えることで

 

す。

 
名刺に限らず嘘の名前や住所、電話番号を告げることはできても、車の番号を偽

 

ることはできません。

 

ですから、事故を起こしたときは外に出る前にすぐに番号を書きとめることが大切

 

です。

gf0640065860l