保険会社への連絡

 

 

事故にあった時、まず保険会社へ連絡します。

 
事故連絡でするものはどういうものなのか、手順を踏まえてまとめていきます。

 
まず、どこで事故にあったのか、年月日などを詳しくまとめておきます。

 
次にどこで事故にあったのか、場所や事故の状況、事故現場の管轄の警察など

 

にも連絡しておきます。

 

 

その次、誰が事故にあったのか、事故の当事者の方はそれらの情報を警察署な

 

どに説明しておきます。

 
事故の際の相手の方の連絡先も一緒に教えておきます。

 
事故の原因や、その際に破損、事故の具合、怪我人の具合などをまとめておきま

 

す。

 
車の破損具合や、修理に出した工場の連絡先なども必要事項です。

 
それらの事を保険の会社へします。

 
その時、会社側から書類が郵送されますので、必要事項等を明記し、

 

事故で通っている病院へも事故の状況を説明し、書類の必要な欄を記入してもら

 

います。

 
かなり丁寧に記入をしないけといけなく、何度か保険の会社を連絡を取り合うこと

 

もありますので、誤字等はないようにします。

 
事故連絡の際は速やかに連絡します。

 
時間が経つとややこしいことになりますので、早めに済ませます。

 
会社での単体事故なら自分で連絡する方がいいので、会社の方で入っている保

 

険の会社へ連絡します。
gf0640065860l