事故現場の確認

 

 

事故を起こしてしまったときは誰でも焦るものですが、一度心を落ち着かせ冷静

 

な気持ちになることが大切です。まずやることは、被害者を保護することです。

 

その次は警察に連絡をすること、そして保険会社に連絡をします。

 
基本的には、事故を起こした状況をそのままにしておくことが大切です。

 

それは事故を検証するときに重要なことだからです。

 

ですが、ほかの車の通行の邪魔になる場合はできるだけ最小限に移動させます。

 
そして、次に確認することは車の損傷具合を確かめることです。

 

もちろん、自分と相手側の両方を確認することです。

 

仮に、ぶつかったのであれば

 

損傷の箇所や程度でお互いの過失割合を推定することができます。

 

そして、事故現場を確認することになりますが、これは警察官が立ち会うケースが

 

ほとんどです。

 
走行中に警察官が事故検証をしている場面を見ることがありますが、

 

あれはどの位置でどのような角度でぶつかったのかなどの記録をとっています。

 

そうした資料があとで役に立つからです。

 

こうした記録は事故証明センターという組織で一括して保管していますので、

 

あとからいつでも取り寄せることができます。

 
実際に、保険金支払いに大きく影響する過失割合を確定する作業のひとつとして

 

自動車保険会社はそこから事故証明などを取り寄せています。

 

gf0640065860l