危険防止

 

 

自動車を運転するならば、常に事故を起こさないように心がけるべきですが、

 

どれだけ注意していても、様々な状況から、事故が発生することがあります。

 

 

事故を起こした場合、まずなんと言っても、負傷者のケア、そして警察、あるいは

 

救急への通報を第一に行わなければなりません。

 
通報後、警察などが到着するまで、事故車両をそのまま放置しておいたのでは

 

二次的な事故を引き起こす原因となり得ます。事故現場ではこういったリスクを

避けるためにも、危険防止に努めることが重要となってきます。

 
まず、車両は自走できるのであれば、他の車両の通行を妨げないようなスペース

 

まで移動させるべきです。もし自走が不可能な状態でも、周囲の人などに協力を

 

お願いして、最低限路肩にまでは移動させるのがベストです。

 

また、その際には、車両に追突されるのを防ぐため、非常停止板などの反射材を

 

設置するか、場合によっては発煙筒を使用し、他の車両に注意を促すことが必要

 

です。

 

深刻な負傷者などがいない場合、当事者で協力しあい、付近の交通整理などを

 

行うのも非常に有効な手段です。

 
また、この他にも、事故車両の損傷を確認し、燃料やオイルなどが漏れ出してい

 

ないかを確認しておくことも大切です。
gf0640065860l