警察への連絡

 

 

交通事故を起こしたら、何はともわれ警察に連絡することが必要です。

 

これは道路交通法でも定められている報告義務であり、連絡を怠ることは罰則を

 

伴うことを肝に銘じておかなければなりません。

 

gf0640065860l
交通事故が起きれば、当然動揺しますが、まずは冷静に110番しましょう。

 

最初に必ず「事件か事故か」を問われますので、「交通事故です。」と伝えてくださ

 

い。その後は通信指令側で一つ一つ質問してきますので、それに答えて、出され

 

た指示に対して的確に実施することです。それであなたの報告義務は達成される

 

ことになります。

 
現場に駆けつけてもらえるまで、多少時間を要します。ケガ人がいればその人へ

 

の対応方法が、車が道に停車している状態であれば、その車の取扱方法も指示さ

 

れるはずです。被害者の安全確保と事故現場の保全、保護に努めることです。

 

事故を起こした側の責任として、まずは被害の拡大防止と収束に終始することで

 

す。それと同時に事故の捜査、調査への協力をすることが必須になります。

 

起きた事故を消すことはできません。

 

しかし、起きた事故を是正することで、責任負担を軽くすることができるのも事実な

 

のです。落ち着いて連絡すること、正確に質問に答えること、指示通りに行動する

 

ことがポイントです。