負傷者の救護と救急車の要請

目の前で事故が起こった場合に、しっかりとした対応ができる方は非常に少なくな

 

っています。
冷静になれば救急車を呼ばなければならないことは理解できるのですが、

 

とてもあわててしまうことも多く当然とも取れる行動を取ることができなくなってしま

 

います。
このようなことにならないように、しっかりと手順を理解しておく必要があります。
まず事故を目撃したら負傷者の確認を行います。
安全な位置へ移動させることが大切なのですが、それができない場合には周囲

 

へ安全対策を取る必要があります。
その際には停止表示板や発煙筒を活用することも大切です。
そして通報先は警察が適切です。
電話がつながったら交通事故である旨を伝え、場所、目標物、救護の状況、救急

 

車の要請などを行います。
質問に答えるように対応していけば必要な情報は伝わるので、冷静で的確な情報

 

伝達を心がける必要もあります。
救護を必要としている方がいる場合、無駄な時間をかけることはできません。
場合によっては警察への通報を周りの方へ依頼して、自分は救護や安全確認を

 

急ぐといった対応も必要になります。

gf0640065860l
臨機応変に対応していかなければならないので、冷静に対応できるよう日頃から

 

準備をしておくと良いでしょう。