作成者別アーカイブ: kagaisya

保険会社への連絡

 

 

事故にあった時、まず保険会社へ連絡します。

 
事故連絡でするものはどういうものなのか、手順を踏まえてまとめていきます。

 
まず、どこで事故にあったのか、年月日などを詳しくまとめておきます。

 
次にどこで事故にあったのか、場所や事故の状況、事故現場の管轄の警察など

 

にも連絡しておきます。

 

 

その次、誰が事故にあったのか、事故の当事者の方はそれらの情報を警察署な

 

どに説明しておきます。

 
事故の際の相手の方の連絡先も一緒に教えておきます。

 
事故の原因や、その際に破損、事故の具合、怪我人の具合などをまとめておきま

 

す。

 
車の破損具合や、修理に出した工場の連絡先なども必要事項です。

 
それらの事を保険の会社へします。

 
その時、会社側から書類が郵送されますので、必要事項等を明記し、

 

事故で通っている病院へも事故の状況を説明し、書類の必要な欄を記入してもら

 

います。

 
かなり丁寧に記入をしないけといけなく、何度か保険の会社を連絡を取り合うこと

 

もありますので、誤字等はないようにします。

 
事故連絡の際は速やかに連絡します。

 
時間が経つとややこしいことになりますので、早めに済ませます。

 
会社での単体事故なら自分で連絡する方がいいので、会社の方で入っている保

 

険の会社へ連絡します。
gf0640065860l

事故現場の確認

 

 

事故を起こしてしまったときは誰でも焦るものですが、一度心を落ち着かせ冷静

 

な気持ちになることが大切です。まずやることは、被害者を保護することです。

 

その次は警察に連絡をすること、そして保険会社に連絡をします。

 
基本的には、事故を起こした状況をそのままにしておくことが大切です。

 

それは事故を検証するときに重要なことだからです。

 

ですが、ほかの車の通行の邪魔になる場合はできるだけ最小限に移動させます。

 
そして、次に確認することは車の損傷具合を確かめることです。

 

もちろん、自分と相手側の両方を確認することです。

 

仮に、ぶつかったのであれば

 

損傷の箇所や程度でお互いの過失割合を推定することができます。

 

そして、事故現場を確認することになりますが、これは警察官が立ち会うケースが

 

ほとんどです。

 
走行中に警察官が事故検証をしている場面を見ることがありますが、

 

あれはどの位置でどのような角度でぶつかったのかなどの記録をとっています。

 

そうした資料があとで役に立つからです。

 

こうした記録は事故証明センターという組織で一括して保管していますので、

 

あとからいつでも取り寄せることができます。

 
実際に、保険金支払いに大きく影響する過失割合を確定する作業のひとつとして

 

自動車保険会社はそこから事故証明などを取り寄せています。

 

gf0640065860l

目撃者の確認

 

 

交通事故の被害に遭った場合、重要となるのが目撃者の存在です。

 
被害者は相手に対して損害賠償を請求することになりますが、過失割合によって

 

その賠償金に大きな差が生じるため、事故の状況については双方の言い分が食

 

い違うケースがよく見られます。

 
また重大な事故については刑事裁判に発展する可能性もあるため、

 

そういった際にも目撃した人の証言は重要となります。

 
交通事故が発生した場合、警察への通報や事故後の調査などに協力する義務

 

は当事者にあり、事故を目撃した第三者にはそうした義務はありません。

 
そのため、交通事故の被害に遭った場合は自分で目撃した人を確保する必要が

 

あります。

 
事故の発生から時間が経つほど目撃した人の確保は難しくなるため、事故後は

 

速やかに目撃した人がいるか確認を行います。

 
目撃した人が見つかったら、氏名や連絡先を聞き、証言をしてもらうようにお願い

 

する必要があります。

 
警察の捜査や保険会社からの聞き取りなどでは多くの時間をとられることになるた

 

め、目撃した人が見つかったとしても協力を渋られるケースもありますが、

 

協力する義務があるわけではないので、そうした場合でも丁寧にお願いをして協

 

力を取り付けるしかありません。

 
なお目撃した人へのお礼については個人の自由となりますが、

 

金品や過剰なお礼を渡してしまうと後日裁判が行われた際に証言の中立性が疑

 

われる可能性があるほか、繰り返しお礼を要求される事例なども起こっているた

 

め、お礼を申し出る際は注意する必要があります。

 

gf0640065860l

相手の確認

 

単独事故の場合は責任は自分にだけあるのですから、

 

あとからいくらでも検証することができます。

 

しかし、単独ではない場合での事故はそうはいきません。

 

あとから確認しようにも簡単にはいきません。

 

 

普通はそのために警察がいます。

 

ですから、警察は現場検証として事故の起こったときの様子とともに双方の氏名

 

や連絡先などを聞き取ります。

 

大体のことは警察の現場検証で情報は集まることになります。

 
しかし、ときには相手側がなにかしらのトラブルを抱えており、事故後すぐにいなく

 

なることがあります。

 

もし、いなくなってしまってはそのあとはどうすることもできません。

 

ですから、事故を起こして警察が車での間にしなければいけないことがあります。

 

それは、双方が連絡先を伝え合うことです。

 
そのときに注意が必要なのは教えられた情報の信憑性です。

 

いくらでも嘘の名前や住所を告げることは可能性です。

 

中には、名刺を渡す人がいますが、名刺などいくらでも嘘の内容で作ることができ

 

ます。そうした被害に遭わないために真っ先にやることは登録番号を控えることで

 

す。

 
名刺に限らず嘘の名前や住所、電話番号を告げることはできても、車の番号を偽

 

ることはできません。

 

ですから、事故を起こしたときは外に出る前にすぐに番号を書きとめることが大切

 

です。

gf0640065860l

事故現場での注意点

 

 

現代は交通戦争の真っ只中にあります。

 

相変わらず事故は多く、日常茶はんじのごとく、毎日繰り返されています。

 

あなたは決して門外漢ではありません。

 

もし万が一事故にあったらどうするのか、

 

この交通戦争を有利に生き抜くためには最低限の対応策、知識を持っておかね

 

ばなりません。

 

不運にも、ある日突然事故に逢ってしまった。事故の直後は頭が真っ白でしょう。

 

冷静さを失っているかもしれません。

 

ここで対応策が頭に叩き込まれている人とそうでない人では、

 

その後の処置の難易度が極端に違ってきます。

 

しっかり注意点を頭に入れておきましょう。

 

交通事故にあったらまずは救護措置です。

 

自分が動ける状態であれば何より優先する事項です。

 

そして次は警察への連絡です。警察は事故現場に到着すると、

 

すぐに交通整理と事故状況の捜査を始めます。

 

警察への連絡は必須事項です。

 

届け出しないと保険金が受け取りできません。

 

そして次は保険会社への連絡です。自動車の任意保険に入っている場合は取り

 

扱いの代理店に連絡しましょう。

 

この3つの対応は大事なことですから忘れないように。

 

現場では事故状況を警察にはっきり説明しましょう。

 

相手の非がある場合は主張すべき点ははっきり伝えましょう。

 

ここで注意点は相手との交渉は保険会社にまかせましょう。

 

事故後すぐには慰謝料などの話はしてはいけません。

 

 

こうしたことを知識としてしっかり持っておくことが、事故防衛にもなります。

gf0640065860lgf0640065860l

警察への連絡

 

 

交通事故を起こしたら、何はともわれ警察に連絡することが必要です。

 

これは道路交通法でも定められている報告義務であり、連絡を怠ることは罰則を

 

伴うことを肝に銘じておかなければなりません。

 

gf0640065860l
交通事故が起きれば、当然動揺しますが、まずは冷静に110番しましょう。

 

最初に必ず「事件か事故か」を問われますので、「交通事故です。」と伝えてくださ

 

い。その後は通信指令側で一つ一つ質問してきますので、それに答えて、出され

 

た指示に対して的確に実施することです。それであなたの報告義務は達成される

 

ことになります。

 
現場に駆けつけてもらえるまで、多少時間を要します。ケガ人がいればその人へ

 

の対応方法が、車が道に停車している状態であれば、その車の取扱方法も指示さ

 

れるはずです。被害者の安全確保と事故現場の保全、保護に努めることです。

 

事故を起こした側の責任として、まずは被害の拡大防止と収束に終始することで

 

す。それと同時に事故の捜査、調査への協力をすることが必須になります。

 

起きた事故を消すことはできません。

 

しかし、起きた事故を是正することで、責任負担を軽くすることができるのも事実な

 

のです。落ち着いて連絡すること、正確に質問に答えること、指示通りに行動する

 

ことがポイントです。

危険防止

 

 

自動車を運転するならば、常に事故を起こさないように心がけるべきですが、

 

どれだけ注意していても、様々な状況から、事故が発生することがあります。

 

 

事故を起こした場合、まずなんと言っても、負傷者のケア、そして警察、あるいは

 

救急への通報を第一に行わなければなりません。

 
通報後、警察などが到着するまで、事故車両をそのまま放置しておいたのでは

 

二次的な事故を引き起こす原因となり得ます。事故現場ではこういったリスクを

避けるためにも、危険防止に努めることが重要となってきます。

 
まず、車両は自走できるのであれば、他の車両の通行を妨げないようなスペース

 

まで移動させるべきです。もし自走が不可能な状態でも、周囲の人などに協力を

 

お願いして、最低限路肩にまでは移動させるのがベストです。

 

また、その際には、車両に追突されるのを防ぐため、非常停止板などの反射材を

 

設置するか、場合によっては発煙筒を使用し、他の車両に注意を促すことが必要

 

です。

 

深刻な負傷者などがいない場合、当事者で協力しあい、付近の交通整理などを

 

行うのも非常に有効な手段です。

 
また、この他にも、事故車両の損傷を確認し、燃料やオイルなどが漏れ出してい

 

ないかを確認しておくことも大切です。
gf0640065860l

負傷者の救護と救急車の要請

目の前で事故が起こった場合に、しっかりとした対応ができる方は非常に少なくな

 

っています。
冷静になれば救急車を呼ばなければならないことは理解できるのですが、

 

とてもあわててしまうことも多く当然とも取れる行動を取ることができなくなってしま

 

います。
このようなことにならないように、しっかりと手順を理解しておく必要があります。
まず事故を目撃したら負傷者の確認を行います。
安全な位置へ移動させることが大切なのですが、それができない場合には周囲

 

へ安全対策を取る必要があります。
その際には停止表示板や発煙筒を活用することも大切です。
そして通報先は警察が適切です。
電話がつながったら交通事故である旨を伝え、場所、目標物、救護の状況、救急

 

車の要請などを行います。
質問に答えるように対応していけば必要な情報は伝わるので、冷静で的確な情報

 

伝達を心がける必要もあります。
救護を必要としている方がいる場合、無駄な時間をかけることはできません。
場合によっては警察への通報を周りの方へ依頼して、自分は救護や安全確認を

 

急ぐといった対応も必要になります。

gf0640065860l
臨機応変に対応していかなければならないので、冷静に対応できるよう日頃から

 

準備をしておくと良いでしょう。

現場での対応の注意点

 

 

人により性格は違いますので、事故を起こしたときの対応も様々です。

 

「下手に出ると相手が有利な状況になるから」という理由で、意味もなく強気にでる

 

人もいますし、反対にやさしい性格の人は相手を慮ることを考えて謝罪を繰り返

 

す人もいます。
どちらもやり過ぎはよくありませんが、日本人であるからには謙虚に接するのが基

 

本です。自己主張をしすぎることもなく、自分の意見も主張しつつ淡々と対応を進

 

めるのが理想の形です。誰しも「自分が悪い」とは思いたくない心理が働きますの

 

で、主張が対立することもあります。しかし、どこかで落としどころを決めなければ

 

解決することはできません。
そうであるからこそ、現場でやってはいけないことがあります。

 

それは相手側と約束することです。自動車保険に加入していればなおさらです。

 

中には「保険があるから全部、こちらでやる」などと告げる人がいますが、

 

保険というのは責任のある範囲内までしか補償しません。
自動車保険は事故がおきたときのために加入するものですが、

 

だからといって無制限に保険金を支払うものではありません。

 

そうした注意点を理解して保険を活用することが大切です。
また、その場では相手と約束をしないという注意点を守ることが解決の早道になり

 

ます。
gf0640065860l