事故の加害者になったら?

gf0640065860l

 

交通事故の加害者になった場合で、けが人がいる際はその救護を最優先で行

 

います。

 

けが人を放っておいて逃走することは論外ですが、逃げる意思はなくても被

 

害者が子供の場合等で現場から被害者が立ち去ってしまったしまった時にその

 

ままにしておくと後でひき逃げと言われることがあります。相手がいなくなったとし

 

ても警察に届け出を行っておけばこのような事態にはなりません。

 

次に現場の交通を妨げないように車を移動させます。相手が怪我をして現場から

 

動かせない場合は、直接日光が当たったりすることがないように何か掛ける気遣

 

いも必要です。その上で救急車を手配します。救急車を呼ぶと同時に警察にも連

 

絡が必要ですが、救急隊が警察にも連絡をしてくれます。警察が現場検証を行っ

 

た後に被害者と連絡先を交換します。その後保険会社に連絡を行い、事故の状

 

況等、詳しい情報を保険会社に報告します。その後、保険会社が被害者と示談交

 

渉を行ってくれますが、すべて保険会社に任せっきりではいけません。

 

被害者へのお見舞いを行うことが必要です。見舞いを行わずにいると被害者が感

 

情的になり、最終的に示談交渉が難航する可能性が高くなります。

 

それも1回だけではなく継続してお見舞いを行う必要があります。

 

 
自動車保険比較見直し.net